有酸素運動について」カテゴリーアーカイブ

シックスパックを作るために必要な有酸素運動について

あなたが体脂肪率10%以下のキレキレボディなら、腹筋のトレーニングをしているだけでシックスパックは出来上がるでしょう。

しかし、体脂肪率が高い場合は脂肪を落とさないといけません。どんなに腹筋を鍛えても、体脂肪率が高いままではシックスパックは手にはいらないのです。

そこで、体を引き締めるために重要な有酸素運動に、取り組む際のポイントを解説します。

筋トレをしてから有酸素運動を行う

有酸素運動と筋トレを同時に行う場合、筋トレをしてから有酸素運動を行うという順番が大切です。筋トレによって脂肪が分解し、燃焼しやすい状態になりますので、そこで有酸素運動を行うことで効率よく脂肪を燃やすことが出来ます。

この順番を逆にしてしまうと、成長ホルモンの分泌の関係で筋トレの効果が落ちてしまいますし、同じ努力をしていても得られる結果が変わってしまうでしょう。正しい順番で体つくりに励みましょう。

ゆっくりで良いから長時間運動を行う

有酸素運動のポイントとしては、ゆっくりで良いので長時間行うこと。有酸素運動を開始して最初の20分くらいは、体内の糖質が主なエネルギー源として使われます。

体内の脂質がエネルギー源として使われ始めるのが運動開始20分後くらいだと言われているので、早いペースで短時間行うよりも、ゆっくりでも長時間行ったほうが脂肪の燃焼効果が高いでしょう。

20分以下の有酸素運動が無駄だと言っている訳ではありませんが、出来れば20分以上、まとめて行ったほうがより大きな効果が期待できるでしょう。